初めての方へ 四季写真紀行 機材紹介 更新日記
ホーム > 初めての方へ(ご案内) 日本四季写真紀行
機材紹介


初めて当サイトへご来訪の皆様に、当サイトについてご案内申し上げます。

麦 弘之の[四季彩流]にようこそ!

はじめまして。ようこそお立ち寄りくださいました。
管理人の麦 弘之(むぎ ひろゆき)です。

このサイトは、訪れてくださったみなさんが…そして私自身もですがf^^;、 ほんの少しでも、流れゆく季節の歓びを感じ、 また、表情に満ちた日本各地の風景を想うことができるように…という思いで作りました。 …もちろん、風景写真好きが高じて、という理由もありますがf^^;。

都会に住んでいると、夏は冷房、冬は暖房に思わずあやかる生活で、 季節感をあまり感じることができませんけれど、 そんな都会の片隅で、小さな春や小さな秋を探して… あるいは、大きな夏や凍える冬を求めて都会から飛び出して。 そんなこんなで集めた写真を、撮影した場所の素敵さなどをご紹介しながら、 ちょこちょこと更新していければと考えています。 まだ写真歴もベテランの域には遠いので、 ネット上に公開されている様々なサイト様の、 美しい写真の数々にはまだまだ及びませんが、 ひとときの清涼剤として楽しんでいただければ、とてもうれしく思います。

いろいろと手探り状態ではありますが、 いっしょうけんめい更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

注意事項(おことわり)

This site is Japanese Only.

当サイトは、Internet Exploror9.0環境下で作成しています。 その他の環境の場合、正常に表示されない場合があります。

当サイトは、管理人・麦 弘之の個人運営サイトです。 なにぶん素人が作っているもので、 至らないところはいろいろあると思いますが、 そこは笑って見逃してやってください。 また個人運営ゆえ、記載された情報を削除・修正すること、 あるいはサイト運営を予告なく中止することがあります。

当サイトに掲載されている情報は、絶対的に正しいことを保障するものではありません。 あくまで参考程度とお考え下さい。また、「撮影地」などに記載の地名は、 市町村合併等により、現在は別の名前になっている場合もございますが、 いずれも調査当時のものですので、ご了承下さい。

さてさて、この先の各コンテンツは、 ご自身の責任・ご判断で閲覧して頂くよう、お願い申し上げます。 当サイト並びに写真等個別コンテンツの閲覧、ご利用上、 または当サイトからリンクし、 あるいは当サイトへリンクしている第三者のサイト閲覧上で生じた、 いかなる損害・不利益等などについて、 当サイト並びに管理人は一切の責任を負いません。

当サイトに掲載している写真・壁紙に関しましては、 別途こちらのご案内もお読み下さい。

当サイトに掲載している、当サイトに帰属する文章・画像等は、 全て著作権法により保護されています。 管理者に無断で、当サイトの一部または全部を、 著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて利用、または使用等することはできません。

ここまで読んで"もう帰りたい"という方は、どうぞ こちらからご退出下さい。

当サイトをご利用頂くお客様につきましては、 以上の点につきご同意頂いているものといたしますのでご了承願います。

このような断り書きを書かなくてもすむような、平和な社会になればいいと思うのですが。。

サイト内各コンテンツご紹介

サイトマップ

日本四季写真紀行(デスクトップ壁紙)

当サイトのメインコンテンツです。主にNikonデジタル一眼レフで撮影した、 四季折々の高画質な写真を、素敵な風景が楽しめる撮影地のご紹介や、 撮影時にまつわるコメント等とともにお届けします。

個人的な好みとして、"風景"を重視した広角系の写真が多くなっていますが、 時には、植物や花に関連した写真など、 季節を感じられるものであれば特に決まりはなく、 手持ちの写真の中から、柔軟に、楽しく選定しております(^^。

デスクトップ壁紙サイズに加工したものでは、 1920×1080(16:9ハイビジョンサイズ)と 1024×768(4:3標準サイズ)の2種類を作成し、お届けしてまいります。 20インチ超の大画面でも、それなりに臨場感をお楽しみ頂けるよう、 必要以上のトリミングは、できるだけ避けるよう努めております。 今時、「デスクトップ壁紙」は流行らないのかもしれませんが、 ご家庭や職場での作業の合間に、目を休めるための一助にでもなれば、嬉しいです。 (なお、壁紙サイズ加工を行っていない写真もありますのでご了承ください。)

機材紹介

「日本四季写真紀行」コーナーの次に気合いを入れている、サブコンテンツです。 写真の撮影に使用している歴代の機材をご紹介しています。

最近の機材は、所持している(いた)レンズごとに、 撮影サンプルを添えて、個人的な使用感を記載しております。

更新履歴

コンテンツ更新する時に一緒に追加される、弘之の日記です。 つれづれなるまま、季節感を綴っていけたらと思っています。

リンク

お世話になっているサイト様へのリンクです。

管理人プロフィール

HN:麦 弘之

日本全国各地を漂流する、自称、さすらいのシーナリーハンター(笑)。 東京をはじめ、本当は1つの街だけでも素敵な場所はたくさんあり、 ゆっくり味わうこともまた格別なんですが、 欲張りな性格からか、ついつい、いろんな土地へ行ってみたくなります。

夢は、全47都道府県を訪れること。日本は広く、達成にはまだまだ時間が掛かりそうです。

管理人へのご連絡はこちらへ

撮影コンセプト

…なんて、仰々しいタイトルをつけてしまいましたが、 要するに、どんな写真が好きかってことですね(笑)

どんな場所でも、その場所に立ってみると、何かしらの思いが湧いてきます。 身近な場所であれば、その街角には、 たくさんの皆さんの、それぞれの思い出が詰まっているでしょうし、 高い山の山頂であれば、あまりの自然の雄大さに、言葉を失ってしまうかもしれません。 さらに、春夏秋冬、晴、曇、雨、雪、そして時間帯。 同じ場所でも、条件によってまた、思いの中身が変わってくるものです。

冬の朝、真っ白な霜がキラキラ輝いて、考えたこと。

春の昼下がり、散り始めた桜を仰ぎ、考えたこと。

夏の夕暮れ、沈みゆく陽を拝み、考えたこと。

秋の宵、煌めくネオンを見上げ、考えたこと。

撮影した写真を後日、あるいは私以外のどなたかが見たとき、 その場所に立った時と同じように、何かしらの思いが湧いてくる感覚を、 楽しむ、あるいは楽しんでいただくことができたら。 今は、各地いろんな場所を楽しみながら、そのような写真を目指しています。

特に技巧を学んでいるわけでもなく、手前味噌な写真たちですが、 楽しんでいただけたら、とても嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

このサイトへのリンクについて

リンクを貼ってくださり(または予定の皆様も)、ありがとうございます。 当サイトの各ページへのリンクはフリーです。 リンク先のアドレスは、以下を参考にしてください。
本館[四季彩流]トップページ
(http://season.mugihiro.client.jp/)
なお、写真、その他各画像等、 htmlファイルおよび直リンク可能バナー(banner.gif)を除く個別のファイルへの直リンクはされませんよう、 平にお願い申し上げます。
バナーはこちら↓をお使いください。(この1つのみ直リンク可能です。)

ホーム > 初めての方へ(ご案内)